不妊症対策についての考え方の最近のブログ記事

精子の受精妊娠する能力

精子は普通、射精後四八~七二時間、卵子は排卵後二四時間は受精する能力を持っています。

逆にこの限られた時間を過ぎると、急激に受精の妊娠能力は落ちていきます。妊娠するためには、タイミングが大切なのは、このためです。

これを逆手に取ったのが、タイミングによる避妊法で、排卵の日がわかれば、その前後三日を避ければ妊娠の可能性は低くなります。

受精した卵子をしばらく観察すると、二つの核がみえてきます。これが雄性前核と雌性前核です。

やがてこの二つが融合して受精が完了したといえます。その後受精卵は分裂し、成長を始めながら、卵管上皮細胞の絨毛運動と卵管の端動運動によって卵管内を運ばれ、三~四日かかって子宮に到達します。

譚定長の不妊解消【妊娠成功ガイドブック】

子宮に到達した受精卵をみると、多数の細胞からなり、すでに胎盤の原基に分化する細胞と個体になる細胞とに分かれています。

液体に満ちた腔をもち、胚盤胞と呼ばれます。受精卵は卵管から子宮へ発育しながら旅してきますが、その過程中、前出の透明帯という殼の中に守られています。そのお陰で、途中で変なところに引っ掛かったりしないのでしょう。

胚盤胞はいざ子宮内膜に着床しようという時には、透明帯から出てきます。この殼から出るステップは鳥や亀その他の動物が卵の殼から出るのと同じハッチングという言葉で呼ばれます。

 

不妊症 原因をハッキリさせないで妊娠 周期の勉強をしても意味がないです。

妊娠 周期の環境を整えるのにも、卵巣のホルモンが重要な役割をしていますが、下半身の血行の良い状況が何より大事なんだそうです。

このステップにおいても、子宮内膜の機能を支える卵巣ホルモンの働きが大切になりますが、内膜の炎症やポリープ、筋腫、内性子宮内膜症、子宮内膜の癒着などの、不妊症 原因の存在が、初期発生の環境に影響します。

妊娠するコツは様々なので、総合的に学ぶ方がいいでしょう。 妊娠 周期はそのあとで整えても遅くはありません。

妊娠が成立するためにはタイミングよく卵子が排卵されなければなりません。

それを理解するには、卵巣の中で眠っている数多くの卵子の中の1つが、どのように周期的に目覚めるかのプロセスを知る必要があります。

周期のおおもとに視床下部があります。GnRHを使って下垂体のホルモン活動を調節します。周期のスタートは月経初日からとします。

視床下部がゴナドトロピンを放出させる働きをするGnRHを分泌します。

GnRHの刺激を感知した下垂体はまずゴナドトロピンのFSHを分泌します。FSHは日本名で卵胞刺激ホルモンと呼ばれるだけに、卵巣の中の卵胞を刺激発育させます。この時点で発育を開始する卵胞は数十個と考えられます。

FSHに刺激された卵胞からはエストロゲンが分泌され、それにつれて子宮では子宮内膜が増殖を開始します。この指令系列を視床下部-下垂体-卵巣系とも呼びます。