口臭対策についての考え方の最近のブログ記事

口臭 対策はその原因をしっかりつかんだうえで進めましょう。

歯周病が進行するにしたがい、口臭が強くなることも報告されています。同じ対象者で硫化水素とメチルメルカプタンの濃度を測定した結果、歯周病が進行するにつれて、どちらの濃度にも増加がみられました。口臭 原因でよくあるパターンです。

(関連:◆口臭 対策http://koushuu-taishuu.com/

口臭 対策で歯周病のある人に、なぜ口臭が多く認められるかについては、いくつかの理由があります。まず、歯周病になって歯ぐきから出血があると、この血液成分によって、ポルフィロモナス・ジンジノリスなどの嫌気性の歯周病菌が増殖します。

口臭 消す方法は、まずその根本原因を治さないといけません。

口臭を軽減させる手ではありませんが、ひとつの対策テクニックです。

それは「極力相手に接近しない」という方法。自分に口臭があると気づいたときでも、自分の口と相手の鼻の距離が1m離れていれば、臭いは伝わりません。

もちろん、口を閉じていれば、人と接近しても臭いは伝わりません。鼻から出る呼気で口が臭うということもありません。

このように一時的な口臭消しの対策、いざというときに使えるのではないでしょうか。

ただし、まずは口臭の原因となる歯周病、ひどい便秘、胃や腸の病気などの根本的な口臭の原因を突き止めて解決することをおすすめします。