犬のしつけ方で一番危険なのは犬 噛む しつけ

犬のしつけ方で一番危険なのは、犬 噛む しつけです。

人や物を犬が噛んだら、すぐに犬の口をつかみ、しばらく離さないようにしましょう。犬は、口をつかまれることをひどく嫌がります。

だっこした時に暴れたら、上下に軽く揺すります。人間の赤ちゃんが泣いた時、軽く揺するのと同じことです。

それでも暴れ続ける場合は、片手で犬の口をつかんで叱ります。

犬が暴れても放さないことです。だっこされることをいやがったら、きちんと叱ってください。だっこされるのをいやがっている間は、絶対に放してはいけません。

暴れれば放してもらえると思ってしまいます。犬がおとなしくだかれていたら、ほめて、放してやります。だっこの時に暴れたら叱られる、おとなしくしでいればほめてもらえる、ということを犬に教えましょう。

犬のしつけ方で噛むたびに口をつかんで叱っていれば、犬は次第に噛まなくなります。

犬 噛む しつけは、子犬の時から行います。そうしないと、なかなか成犬になったあとは理解できないのです。

そこで無理をしてしまうと、怒ってさらに噛み癖が強くなってしまうからです。