犬 ドッグフード 食べない理由に実は、犬 しつけが関係しています

犬 ドッグフード 食べない理由に実は、犬 しつけが関係しています。

ちなみに多くの飼い主は、骨を与えれば歯を清潔に保つことができると考えています。またオヤツとして与えて、犬の喜ぶ顔が見たい・・ということですが、これは誤った考えで危険です。

骨を噛むと歯が割れたり、消化管に侵入して便秘につながることがあるからです。犬 ドッグフード 食べない時は、生皮を噛ませたり、特に歯を清潔に保つ目的で作られた製品を使うと歯茎の炎症(歯肉炎)の予防に役立ちます。

犬 しつけが出来ていないと、歯磨きも出来ませんので、すべての健康の基本も、しつけなのです。

犬の回虫感染も気を付けましょう。

回虫は白い虫で体長7.5~15cmです。今のところ、妊娠中に寄生虫駆除をしていない雌犬の子すべての体内に、成長した寄生虫が存在します。

この寄生虫は子犬の生後21~30日問までには卵を産めるようになります。

生後3ヵ月未満の子犬は庭の華や花または雌犬の皮膚に産みつけられた寄生虫の卵を食べて感染します。卵は子犬の胃の中でかえり、体内を動き回って腸に戻り、そこで成虫になります。非常に幼い子犬の場合は母犬の母乳中の成虫になっていない寄生虫からも感染します。