2012年7月アーカイブ

犬 ドッグフード 食べない理由に実は、犬 しつけが関係しています。

ちなみに多くの飼い主は、骨を与えれば歯を清潔に保つことができると考えています。またオヤツとして与えて、犬の喜ぶ顔が見たい・・ということですが、これは誤った考えで危険です。

骨を噛むと歯が割れたり、消化管に侵入して便秘につながることがあるからです。犬 ドッグフード 食べない時は、生皮を噛ませたり、特に歯を清潔に保つ目的で作られた製品を使うと歯茎の炎症(歯肉炎)の予防に役立ちます。

犬 しつけが出来ていないと、歯磨きも出来ませんので、すべての健康の基本も、しつけなのです。

犬の回虫感染も気を付けましょう。

回虫は白い虫で体長7.5~15cmです。今のところ、妊娠中に寄生虫駆除をしていない雌犬の子すべての体内に、成長した寄生虫が存在します。

この寄生虫は子犬の生後21~30日問までには卵を産めるようになります。

生後3ヵ月未満の子犬は庭の華や花または雌犬の皮膚に産みつけられた寄生虫の卵を食べて感染します。卵は子犬の胃の中でかえり、体内を動き回って腸に戻り、そこで成虫になります。非常に幼い子犬の場合は母犬の母乳中の成虫になっていない寄生虫からも感染します。

不妊症 原因をハッキリさせないで妊娠 周期の勉強をしても意味がないです。

妊娠 周期の環境を整えるのにも、卵巣のホルモンが重要な役割をしていますが、下半身の血行の良い状況が何より大事なんだそうです。

このステップにおいても、子宮内膜の機能を支える卵巣ホルモンの働きが大切になりますが、内膜の炎症やポリープ、筋腫、内性子宮内膜症、子宮内膜の癒着などの、不妊症 原因の存在が、初期発生の環境に影響します。

妊娠するコツは様々なので、総合的に学ぶ方がいいでしょう。 妊娠 周期はそのあとで整えても遅くはありません。

妊娠が成立するためにはタイミングよく卵子が排卵されなければなりません。

それを理解するには、卵巣の中で眠っている数多くの卵子の中の1つが、どのように周期的に目覚めるかのプロセスを知る必要があります。

周期のおおもとに視床下部があります。GnRHを使って下垂体のホルモン活動を調節します。周期のスタートは月経初日からとします。

視床下部がゴナドトロピンを放出させる働きをするGnRHを分泌します。

GnRHの刺激を感知した下垂体はまずゴナドトロピンのFSHを分泌します。FSHは日本名で卵胞刺激ホルモンと呼ばれるだけに、卵巣の中の卵胞を刺激発育させます。この時点で発育を開始する卵胞は数十個と考えられます。

FSHに刺激された卵胞からはエストロゲンが分泌され、それにつれて子宮では子宮内膜が増殖を開始します。この指令系列を視床下部-下垂体-卵巣系とも呼びます。

うつ病 チェックで確認したらそれに合う接し方にしてみましょう。

うつ病 接し方では、うつ状態の人を見て、なぜこれぐらいのことができないのか、なぜこれだけで調子を崩すのかと感じてしまうのは、元気な人の発想です。すでにうつ状態の人は、ブレーキが利かずに消耗しきっているのです。

リストカットは、周囲の人々に大きな影響を与えます。友人からリストカットの跡を見せられ、それがトラウマになって人が怖くなったという人もいます。

周囲の人々は、リストカットによってひき起こされた自分の不安に対処するために、当事者のリストカットをさまざまに解釈しようとします。

最も多いのが「本当に死ぬつもりではなかったんだ」「他人に甘えているだけだ。助けてもらいたいだけだ」という解釈です。この解釈は「甘やかしては、本人のためにはならない」につながります。

あるいは、「自分の体を使って私を脅している」と解釈する人もいます。この解釈は「そんな脅しを続けさせてはいけない。厳しく接して反省させなければならない」「もっと、自分の体を大切にするように教育しなければならない」という考えにつながります。

すると、周囲はリストカットした当事者に対し、そのことを無視するか、あるいは厳しく叱責する態度を取ることになります。リストカットは、しがみつきです。生きるために切るのです。

うつ病 チェックをすると、知覚するシステムが麻痺しているのが分かるはずです。それがうつ病状態のひとつの特性なのだと理解しておいてください。

うつ病は行動のブレーキが利かないのですから、家族にはそう見えなくても、本人にとってついオーバーワークになってしまうのです。それを当事者はコントロールできません。それは意思の問題ではないのです。